CASE5 契約トラブル案件

ウェブデザイナーのSさんは、個人でHPの制作や保守の仕事をしていたが、
新たな道に進むため、ウェブ関連の仕事をやめる決心をした。

そこで、Sさんは契約中のクライアントに事情を説明し、 
責任をもって引継ぎをした後、契約を終了する旨を伝えた。

ところが、結婚相談所を経営する男性O氏だけが、
「顧客の事業をどう考えているのかを問いたい」
「筋を通してもらえると信じている」
などと、脅しともとれる返信をしてきた。

Sさんは動揺し安倍に相談した。
安倍はO氏の人物像を即座に把握し
弁護士を立てたほうがよいとして
SさんにCACAT弁護士を紹介し
CACAT弁護士にはO氏への対処法をアドバイスした。

CACAT弁護士は、O氏に受任通知を送り
以後、窓口は弁護士になるので、
直接の連絡をしないよう通告した。

その後、CACAT弁護士がO氏と交渉したが
O氏は、
「契約を終了させることは許されない」
「契約終了を強行するなら、違約金を支払う義務がある」
「Sさんが出てきて事情説明するべきである」
などの主張を執拗に繰り返した。

CACAT弁護士は、O氏に対し契約解除の通知書を郵送し、
これ以上執拗なクレームを続ければ、O氏を訴える準備があることも
伝えた。

すると、O氏は態度を一変、
「これでお終いにする」という回答をしてきた。

以前に増して、気力体力が漲るようになったSさんは、現在、
新たな道に向かって、日々、努力を重ねている。

*****************************************************************************

個人で話し合うのが一番ですが、相手によります。 
面倒であったり、不快であったり、苦痛な話し合いなら、
代理人である弁護士に依頼するのが良いでしょう。
時間もお金も、気力も無駄に使わずに済むからです。

今回の案件の見える部分はこの様なことですが、
トラブルは御自身の問題でもありますので
自分を変えることが根本解決への早道です。

今回の案件の要はエネルギーワークにありました。
当事者全員をヒーリングすることで、
嘘のように気持ちや状況が激変した事例とも言えるでしょう。

ちなみに、CACAT弁護士は相談だけなら「1時間5000円」です。
お金が無い人には、成功報酬での契約も可能です。
まずは相談してみる事をお勧めします。
素人判断は怪我の元ですから。

 

 

What's New!  更新履歴を見る>

  • 2019.11.1
    開催情報
  • 1月の開催日をアップしました。

・・・・・
匠真リーディング、エナジーデザイン
11月・12月・1月の開催情報

頂いたお便り、感想は個人情報を伏せて
HPに掲載させて頂くことがあります。
掲載不可の場合は、
必ずその旨書き添えて下さいます様
お願い致します。