CASE2 離職案件

インテリアコーディネーターのNさんは
長きに渡り安倍のセッションを受けているクライアントで
不動産会社A社に勤務していたが、

社内で派閥抗争が起こり、所属するX支店の支店長が解雇された。

X支店に所属していた社員は、冷遇されるようになっていく。
そのような中、Nさんは支店長から転職先としてB社を紹介されるが
面接で会った社長を信頼してよいか、判断できず迷っていた。

そこで、Nさんは安倍に相談をした。 
安倍は、ベストな選択を直感で掴んだが
感情を入れない正確な判断を聞いてみたくて匠真に依頼した。

匠真は
B社の社長をリーディングし
まったく信用できない人物であることを伝えるとともに
A社の社長についても
裏のある危険な人物、一日でも早く現在の環境を抜け出した方が良いとアドバイスした。
(内容は言えません)

相談を受けた時点で、安倍と匠真はその出来事にフォーカスするので
そこに関わる全員がヒーリングを受けることになる。

ヒーリングは
問題点を浮き彫りにし解決に向かわせるという効果があるので
すぐに現実が動き出した。

なんと、A社社長からNさんの所属する支店の閉鎖が発表され
支店の社員は全員が整理解雇されることになったのだ。

Nさんは、匠真のアドバイスを受けA社を辞めることを決めていたので
事態を冷静に受け止めた。

しかし、整理解雇を言い渡された時に確認すべきことや
退職の条件など、法的なことをCACAT弁護士に相談した。
相談の結果、A社が提示している条件は中小企業では考えられない好条件であることが分かった。

「一日も早く現在の環境を抜け出すこと」を決意していたNさんは
A社の出した条件を飲むことを決め
さらなる飛躍のために、匠真と安倍に未来予測・未来創造を依頼した。

Nさんは、これまでも勤務先が相次いで倒産し
安定した仕事に恵まれていなかった。
(健康にも問題を抱えていた)

匠真はリーディングで原因を解明
未来を開くためのビジネスネームを準備した(改名)。

安倍は今までも大きな病気を改善していたが
今回はその根源まで及ぶ深いヒーリングを為した。

結果は、遠くない未来に出ると確信している。

 

 

What's New!  更新履歴を見る>

・・・・・
匠真リーディング、エナジーデザイン
2月・3月・4月の開催情報

頂いたお便り、感想は個人情報を伏せて
HPに掲載させて頂くことがあります。
掲載不可の場合は、
必ずその旨書き添えて下さいます様
お願い致します。