アンケート


10:Jさんの改名
 『自分を取り戻す』

匠真先生

この度は、改名を本当にありがとうございました
感謝の気持ちでいっぱいです。

まだ、大変革の途中ですが、
ただいまの現状をご報告をさせて頂けたら幸いです。


1)改名前の状況について

改名前の状況は、一言で言えば、
「自分で自分が全くわかっていない状態」
見通しのない迷路で迷子になっているかんじ。
混乱と強い自己嫌悪で世を儚んで生きていました。

ですが、改名の希望でお願いしたのは、
そのとき家族に送金をしたく「金運」でした。

今、思えば、一生ものの改名に対して、
その場の思い付きのような、浅はかです。

多分、そのことを匠真先生はお気付きだったと思います。
事務局の方から、希望について再度ご確認をいただきました。

でもそのときは
自分の本心も希望も展望も、全く分かっていなかったので
そのまま「金運」でお願いをしました。


2)改名してどんな変化がありましたか?

匠真先生から、改名のご連絡を頂いたときには
引越しや仕事先の変更準備など真っ最中。
究極の断捨離に取り掛かったばかりでした。

お願いしているころから
もうすでに変化させようとする気概が
生まれ始めていたのだと感じます。

振り返れば、
私は「お金」に全く頓着せずに生きてきました。
お金に困っていながらもなんとかなってきた人生でした。

今なら分かりますが、
私が本当に求めていたのは「金運」ではなくて、
人との関わりを変えること、そして、信頼を得ることでした。

何より、自分自身を理解し、信頼することでした。
自分で自分を信頼しない人を、誰が信頼できるでしょう。

そんな状態でしたから
いただいた名前とそのときの自分との隔たりは大きく
目にしたときにショックというか
インパクトと抵抗が非常に大きかったのを覚えています。

でも、即座に紙に書いてそばに置き、名刺を作り、配り、
その名で周囲の方々に呼んでもらううち
なんとも言えない感覚になりました。

心が柔らかく溶けて、体の奥の灯がともるような。
体が一番、ぼわんと反応する、元気が湧く感じ。

もう、なんだか物凄くうれしい。。。
キュンとして、愛されて、認められるかんじ。

みんなに呼んでもらうだけで大喜び。
自分を好きになり始めた、、、そんな感覚かもしれません。

もともと小さい時から
自分の好き嫌いの感情さえも良く分からない人間でした。

そのことも自覚できてきました。

相手の強い感情に飲み込まれて、
自分の持っている薄い感情は消えて
いつしか相手と同じ気持ちのように感じてしまう。

悲しいのもうれしいのも、好きも嫌いも
誰のものだかよくわからないほどでした。

そんな状態なので、判断にはいつも迷うし、
使う言葉は空回りしますし、相手に誤解されますし
気持ちがないのに付き合ったこともありました。

小学生の低学年のときから現在に至るまで

よく知らない相手からの急な告白、痴漢、
告白を断ったことによるいじめ、嫉妬
教師からの告白やえこひいき、
仕事仲間からの告白や執着、ストーカー行為
お客様からのストーカー行為、中傷、、etc

相手も悪いけれど
自分の対応や誤解させる態度が悪かったと
ずっと自分を責め続けていました。

なので相手に好かれないように
ツンケンと感じ悪い態度で接したり
目立たないようにしたり、交流を最低限に抑えたり
笑顔を隠したり、虚勢を張ったり、
親しくならないようにガードする癖もありました。

でも、冷静に考えたら
接する相手の感情に自分が飲まれて
判断力が弱くなり意志を無くし

好きになってくれた相手の方へ配慮もまるでなく
自分のない状態でした。
良い悪いでなく、だから自分で作った状況でした。

そうだったのか、、、と合点がいくと
絡まった糸がほどけるような感覚で軽くなりました。

怖くても、いじめられても
普通の態度で通していました。

内心おびえて、泣いていても
周囲のみんなにいつも逆に言われ続けてきました。

「あなたは悩みもなく能天気で
 我が強くて負けない元気な女性ね」と。

本当はどうしていいのか分からず
いつだっておろおろしっぱなしだったのに・・・。

そういう自分の感情を鈍感にして
心を無くしていたようにおもいます。

実は数日前、
親しくしていたある方に告白されました。

一途な想いを告げられました。

「相手の方を傷つけず、喜ぶなら
 自分をほんの少しの間あげたらいいだけかも・・・」

という一瞬の自己犠牲的な気持ちを見つけました。
そういうことをしてきたのでした。
なんて、自分を軽く扱っていたんでしょうか・・・。

自分を大切にしていなかった
相手も大切にしていないです。

その方はとても大切な人だったので
言葉を尽くして時間もかけてきちんと説明をして
拒絶せず、嫌悪せず、逃げずにお断りできました。
その後、より良い交流ができています。

お陰様で
男性恐怖症みたいなものがなくなった気がしました。

私にとっては男性って態度を豹変させて
急に襲ってくるモンスターみたいな印象でした。
今は、全く違います。(ああ、恥ずかしい・・・)

この時期に、その方がそういう風に言ってくださったのは
決して偶然ではない、、、有難い気持ちでいっぱいです。

私にとってはものすごい変化です。
もっと自分自身を見つめていけば
人付き合いが根本的に変わるかもしれません。

改名から、こんなにも変化しました。
これだけでも、生まれ変わるような変化です。

まだまだあるのですが
すでに長くなってしまいましたので、
「金運」についてはまた改めてご報告させて下さい。

もちろん、まだまだ変化中です♪

匠真先生、
本当にありがとうございました。

彼女のご感想を読んで頂ければ、
「彼女の過去と今の全てが皆さんに伝わる」方です。

名というのは、
自分にとって最も身近なマントラのようなもの。

ほんの少しでも「合わない」誤差は、
日々の積み重ねで「当たり前」になり自分を見失います。
正確には「見失ってることにも気づけない」のです。

キッカケは金運をあげたい!という
勘違いな欲からではありましたが、
(金運をあげたいなら、先に自分を変え、結果金運があがる)

それをキッカケ(チャンス)に、
これだけの自らの内に秘めた学びが溢れてくるのです。


匠真幸希

09:Iさんの改名
 『過去世からのキャラ設定』

最近、仕事に慣れてきた気がします。
いじめれキャラクター脱して、違う自分を感じます。
もう少しで普通の人間になれます、きっと。(*^^*)

人の役にたてるようになれることを喜びに生きようと思いました。

仕事でのパスワードを〇〇(改名後の名)にしています。
実際は実名で働いていますが、
パスワードいれるたび、
仕事がしやすくなる、気がします。。。

ありがとうございます。

改名の翌日は動悸でバクバク。
翌々日は、筋肉痛?全身痛。
翌週は、ネガティブが沸いてわいて、、、。

今、ポジティブな変化を私
感じます。

過去世から深く媚り付いてしまった、
キャラクター設定。

「こう在るのが楽」

「こう在ればここに居られる」

「こうすべき」

「こうしなきゃ」

本当の自分がどこにもない。

目立たぬように、
偏差値50であろうとする生き方、
そして、
生き様が名に支配されていました。

名の支配から解放されるだけで、
見る景色がガラっと変わるのがI様の特徴です。

改名後に、日々、悲喜こもごものようですが、
本当の自分で生きていくとは、
本来そういうこと、それが人生ですよね?

こんなシンプルなことに気付けなくさせてしまう現代の病、そして闇。
本当に怖いことなのです。

I様におかれましては、
喜怒哀楽の今後の人生を、ぞんぶんにご堪能ください。

 

匠真幸希

08:Hさんの改名
 『病、災いを祓う』

1)改名前の状況について教えてください

これ!という問題があったわけではありませんが、
良き未来へと繋がるきっかけになればと思い、お願いしました。
 

2)改名してどんな変化がありましたか?

名前をいただいた時、改名の理由が一緒に記されておりました。
短い文章でしたが、その中にこれまでの自分の生き方が簡潔に明解に記されていて、
もやの中にいた自分に光が照らされたように感じました。

自分の本来の姿を客観的に捉えられたことは、とても大きいです。
自分が手放したい生き方が明確になって、
どこにフォーカスを持っていくかがはっきりとしました。

いただいた名前には、元気でポジティブなエネルギーを感じています。
名前を呼んでもらう度に、そのエネルギーを自分に投げかけてもらっていて
そのエネルギーに見合う自分へと意識が向けられます。

名前が自分にとっての大きな力、
自分を良き未来へと引き上げてくれる
強い味方になってくれているのだと思います。

 

もともと邪気を呼び寄せてしまうお名前、
(苗字)でした。

特に女性がこの苗字を受けもつと、
女性特有の病や災いを寄せ付けやすいのです。

それをカバーできる下のお名前が付けば、
それを防ぎ、肉体や精神、自然に巡ってくる幸運期を守ることができるのですが、
この方は、逆に助長してしまうお名前で、
安倍先生のヒーリングを受け、
奇跡的な回復を遂げ、抜けてはいたものの、
その「負の受け皿」にポタッポタッと、
どす黒い悪液が溜まっていってるのがみえました。
満ちて表面張力になり、滴り落ちるまで、あと7ヶ月といったところでした。

よって、ご本人にお伝え済みのリーディング要素の他にも、
かなりヒーリング要素の強い文字列、画数に改名し、
邪気を精算、聖なるオーラで
これら負の要素から守るお名前に産まれ変わらせました。

まだまだ時間はかかるのですが、
お顔を合わせる度に、血の気の通った生気に満ちたお顔になっていく彼女をみて、
ほっとしています。

 

匠真幸希

07:Gさんの改名
 『限度を外す』

1)改名前の状況について教えてください)

・改名に至った理由

会社の方針。
プライバシー保護の為のビジネスネーム採用の為。
ビジネスネームで改名をするなら、匠真先生にお願いしたいと思いました。

 
2)改名してどんな変化がありましたか?

・ 改名を見た時の気持ち

使われている文字に美しさを感じました。
漢字一文字が持つ意味と、
漢字が組み合わさって出来る言葉の意味&イメージのどれもが美しく感じました。
未来に向かって行く名前でとてもうれしかったです。

それまでの名前から、新しい名前に変えたときは、
生まれ変わったかのような真っ新な気持ち良さでした。

・周囲の変化

仕事上では、新しいお客様とご縁がつながり始めています。

 

以前のお名前もビジネスネームだったそうですが、
正直申し上げて、ご成長に上限が設定されてしまう
イワクツキのお名前でした。

ご本人もそれを感じ取られて
おられるようでしたので、
改名への負のイメージを払拭し、
視覚の美しさも大切にしつつ、

もともと頭の良さにより計算が先にたってしまい、
自ら ご成長に限りを生じさせてしまう傾向が見受けられたので、
そこに最も焦点を当てたご改名にさせて頂きました。

このケースは、
「過去のご自身との闘い」が顕著に表れるので、
都度都度、ご自身の言動を俯瞰して自己採点が必要となります。

今後のご健闘をお祈りしております。

 

匠真 幸希

06:Fさんの改名
 『長所を活かし伸ばす』

新しい名前を頂いた時は、ありがたく、嬉しい気持ちになりました。

そのあとは、感情の浄化が激しく起こりました。
自己否定や自己卑下が強く出てきましたが、
落ちるところまで落ちて、自身を見つめる機会も増えました。

今までで1番、気持ちが落ち着き、
何かあっても芯の部分が揺らぐことがなくなりました。

彼女の一番の長所であり、一番の弱点でもあるのは、
「ものさし」を持っていないところ。

自己卑下というより、

自分が分からない → 他人との違いに違和感 → 自己卑下

二次感情どころから、三次感情で、
自己分析してしまっているところに問題がありました。


一方で、ものさしがないということは、
「曇りなき眼で万物をみることができる」
という長所でもあります。

彼女の職業からいってとっても大切な能力なので、
そこは削らずに、
でも、自分というものさしは持てないものの、
自分という核がどこにあるのか?

それを日々感じて頂ける名を意識して改名させて頂きました。


彼女のように「雰囲気や佇まい」だけで、
人々に印象深く「凜」を伝えられる方は少ないです。

それを活かし、わたしの核はココ!と認識できる名を送りました。

彼女以上にこの名が似合う方は存在しないでしょう。
 

匠真 幸希

05:Eさんの改名
 『リセット』

特に不満を感じることなく、ただ漠然と現状に満足していました。
家族に病気などの問題があり、自分自身が変ればそれらも変わるのでは?
という希望を持ち依頼いたしました。 

改名後の名前を見たときに、心がふわっと軽くなりました。
紙に書いてみると、どんどん自分自身のが軽くなり柔らかくなるのを感じました。

家族の状況も病気の症状も改善し、みんなが前向きになり
より一層家族の絆が強くなりました。

社内のくじに当たりました!
(今まで一度も当たったことがなかったのです)

 

改名をご希望されても
苗字は本名のままの方が良い方というのは
5%ほどいらっしゃいます。

「それでも変えてほしい!」
という方もいらっしゃいます。


でも、それは緊急性がある場合、
例えば、特定の誰かから逃げる必要があり、痕跡を消すため
などであれば、
そこに問題があるので切り取る必要がありますが、

そうでない場合、
「悪くもない場所にメスを入れる」
ことと同じことなのです。

彼女の場合は その典型的なタイプの方で、
現状のままでも、

「よき箇所」と

すぐにでも無くすべき
「悪しき箇所」

が、白黒ハッキリしていて、
苗字はそのまま、名は改名となりました。

重点的にスポットをあてたのは、
「切替が上手ではない」
「オンとオフでバランスが悪い」
「負の感情を引きずる期間が長い」
「姉妹で改名を申込まれたので、2人の結びつきを意識したものにした方がよい」

この4点でした。

改名して、
マイナス100から、ガラッと変わってプラス100という方もいますが、
彼女の場合は、
一旦リセットして、
0から1歩1歩、進んでいくタイプの改名であり、それが彼女の本質です。

その足音を訊いてくれている人が必ずどこかにいることを
忘れないでいただきたいです。
 

 

匠真 幸希

04:Dさんの改名
 『手枷足枷を外す』

1)改名前の状況について

祖母の旧姓をビジネスネームに使い始めて
心身共に重くなる様になりました。

母方の重たいエネルギーを
背負ってしまった気がしました。


2)改名してどんな変化がありましたか?

気持ちが明るくなりました!
ずっしり、のしかかられる様な
感覚がなくなりました。

気持ちが以前より安定し
穏やかになりました。

彼女はもともと
「訳の分からない改名」
をビジネス関係でさせられてしまっていた。

負のエネルギーに満ちたその名前は、
彼女の営業成績をトコトンまで下げ、生体エネルギーまで絞りとっていた。

意味のない圧力に屈せず、彼女は改名を強く希望し、無事に再改名を遂げた。

元々、素晴らしい才能に満ち溢れる彼女は、
やっとの思いで手枷足枷を外され、
また、職場で尊敬する人との相性も重視しての改名だったため、
自ら作ってきた成果を、次々に自ら打ち破る活躍を遂げている。
これからが楽しみですね。
 

匠真 幸希

03:Cさんの改名
 『試練を選ぶ』

1)改名前の状況について

毎日ただ日々を無為に過ごしていた。
問題点は、粗雑さ。たくさんのチャンスがあったにもかかわらず、
無駄にしてしまっていたこと。


2)改名してどんな変化がありましたか?

名前を初めて見た時は複雑な気持ちと、
すごくしっかりしたどっしりした名前だなと思いました。
今までの自分とは違う印象でした。
読み方はとてもキレイな響きにもかかわらず強くカッコいい。
この名前に相応しい人物にならないといけないと思いました。

今までの人生での困難と思っていた事は、
全て自分が招いていた事だということが納得出来ました。
観念した、という気持ちに近いです。

そうすると自分の何がいけないのかが徐々に自覚でき、
初めて他人のせいにしないという気持ちが湧きました。

何か起こったり、これしましょうという状況になると、
今まで出来ない、やらない言い訳をして逃げている事も分かりました。
無意識のうちにやっていた事が自覚出来るようになりました。
嫌だけどやるか、、、から、今はやるしかない。
という気持ちで毎日過ごすことが多くなってきています。

ウダウダとしている時間は本当にないのです。
今までウダウダしている時間がいかに多かったかと言う事にもびっくりしています。
強くなろうという気持ちが湧いて来ています。
本当に有り難い改名をありがとうございました。

ザ、試練の改名

でした。

試練に出くわす度、ずっと、ずっと逃げてきた彼女。
本名からもそれは明白で、
まず直ぐに及び腰になることから、
そうはできない(逃げられなくなる名)を示し、
以下の2つの道をご本人に選ばせました。

楽だが変化がなく、このままの道。

苦だが、この先に欲しいものが待っている道。

彼女は後者を取りました。
改名を受けとり、はじめて「逃げない行動」を即座に実行したのです!

とはいっても、試練は試練。

少なくとも新しい名に慣れる(名前負けしない自分になる)、1年はかかります。

1年後、どんな彼女に会えるのか。
楽しみです。


匠真 幸希

02:Bさんの改名
 『窮屈な名前からの解放』

1)改名前の状況について教えてください
 (何が問題だったのか・改名に至った理由など)         

自分を表すものの一つとして、
これまでよりもより良い状態で仕事に注力したく
改名を希望しました。

 

2)改名してどんな変化がありましたか?
 
(改名を見た時の気持ち・感情、意識面の変化・家族に変化がみられたか・
 
 周囲の変化・改名前に懸念していたことがその後どうなったか等)

改名を拝見した瞬間にわくわくと心はずむ感覚がありました。

「嬉しい!!!」の一言です。

同時に、新しい名前にみるみる自分自身が
モデルチェンジしていくような感覚も強くありました。

改名後の著しい変化は、
公私ともに、物事への捉え方がとても軽やかになりました。
またフットワークも軽くなり、現実を創る力が無理なくついてきました。

仕事だけに留まらず、家庭も、
それぞれへのフォーカスの密度がとても濃くなったように感じます。

この変化は、自分の中でとても大きく豊かな変化と感じています!

四角い入れ物に、丸い彼女が収まってる。

元のお名前はそんな状態でした。

殆どの方が大なり小なりあるのですが、
特に彼女の場合、
かなり小さな四角い箱に、
円周だけ考えても入らない球体を納めようとしていた状態で、
窮屈に違和感を違和感とすら感じ得られない状態を解放する。
そんな改名を意識しました。

改名して、直ぐにご自身で効果が実感でき、それを維持もできる典型的な例なので、
あとは、それに気持ちを丸乗せして、無理をしないことも大切です。

 

匠真 幸希

01:Aさんの改名
 『呪縛からの解放と生まれ変わり』

1)改名前の状況

色々上手くいかず、変えたいけれど、今までの自分が重すぎて、動けない
という状況


2)改名しての変化

新しい名前をいただく1時間ほど前に、匠真先生から
「好きな色は何ですか?」とメールをいただきました。

すぐに思い浮かんだ「青」とお伝えしましたが、匠真先生からのご返信はなく、
しばらくすると「やっぱり、青じゃない。ピンクが好きだ」という思いが浮かびました。

もう鑑定も進んでいらっしゃるだろうし、、と迷いましたが、後悔しないようにと思い
お詫びとともに、「やはりピンクです」とお送りしたところ、すぐに返信をいただき、

「もう一度メールが来るのが分かっていたので、待っていました。正解です」

とありました。

そして、間もなくいただいたのが、新しい名前でした。

改名に着手していただいたところから、ずっと
大きくエネルギーを動かし、ヒーリングしてくださったことを
感じました。

そして、新しい名前をみたときは、体に衝撃がはしり、ハートが熱くなり
涙がポロポロこぼれました。
新しい命をいただいた、、そう感じました。
その夜は、新しい名前がハートの中にあるのを感じ、
満たされ、ものすごい安心感とともに眠りました。

新しい名前で初出勤したときには、自分が、以前とまったく違う
エネルギーをまとっているように感じました。
以前であれば躊躇してしまったことを行動に移したり
言葉にしたりできるようになったのを感じました。
すごい変化でした。

その後、抵抗が出て、古い自分に引っ張られることもありましたが、
周りの方が、新しい名前で呼んでくださったり、
自分で名乗ったり、名前を書いたりすることで、
「マントラ」のように、新しい名前が体に馴染んでいき
少しずつ、深いところから意識が変わってきています。

たとえば、その一つとして、
以前であれば、変わりたい、と考えながら、
最後は、「やっぱり」「どうせ」というところに行ってしまっていましたが、
改名してからは、新しい人生を創れるかどうかは「自分次第」「自分の選択次第」なんだ、
という思いが最後に出てくるようになりました。

その結果、具体的に何をどう改善すればよいのかということも見えてきて、
以前のような、「空回りの頑張り」ではない、
「実のある努力」ができるようになったように感じます。

改名によって、生き直すきっかけをいただきました。
ほんとうにありがとうございました。

PS 頂いた名前、本当に大好きです♪

単刀直入にいって、
学歴社会に本当の自分を浸食されてしまっておられました。

自分を殺し、詰め込めるだけ詰め込んだ対価として、
今のポジションを得た。

でも失ったものも計り知れない。
痛々しいほどでした。

まずはその呪縛から解き放つ作業から入りました。
グチャグチャに絡まった糸を少しずつほどいていくような地道な作業、
具体的には一文字一文字、彼女の問題点にアプローチしつつ、
プラス要素を生む字をあてて、
命を吹き込んでいくような仕事です。

結果として、何百万とおりにもなる改名案の中から、
ピタッと符号するような改名にすることができました。

ただ、肉体にはこれまでの自分が染み込んでいます。

ここから改名の力も借りつつ、
これまでの自分から少しずつでも脱皮していかなければなりません。

3歩進んで2歩下がるどころか、
10歩進んで9歩下がるような日々だと思います。

もともと、努力家ですから、
そのエネルギーをプラスの力に変えて、
歩を進めていっていただきたいです。

 

匠真 幸希

What's New!  更新履歴を見る>

  • 2019.11.1
    開催情報
  • 1月の開催日をアップしました。

・・・・・
匠真リーディング、エナジーデザイン
11月・12月・1月の開催情報

頂いたお便り、感想は個人情報を伏せて
HPに掲載させて頂くことがあります。
掲載不可の場合は、
必ずその旨書き添えて下さいます様
お願い致します。