匠真の『未知の知』


 

(1)写真記憶と写真記憶術

僕の能力の根幹となっているのは、「写真記憶」です。
但し、世間で言われている「写真記憶術」とは少し違います。

「写真記憶」(フォトグラフィックメモリー)は
先天的に持って生まれた能力で、見たものを忘れません。

そして、どれを覚えてどれを覚えないかという
選択の自由はありません。

言い換えると、
「見たものが忘れられない」= 「Unforgettableアンフォーゲッタブル」
なのです。

これに対し、
世間で「写真記憶術」「カメラアイ」などと言われるものは
後天的に身につけることができます。
そして、自分の意志で
どれを記憶するか、どれを思い出すかを選択できます。


写真記憶も写真記憶術も、一瞬で覚えてそれを出力できるわけですから、
その点に於いて、明確な線引きはありません。

しかし僕の、全部を記憶してしまい忘れられない
「写真記憶:アンフォーゲッタブル」と
記憶したいものを選べ、思い出したいものだけを思い出せる 
「写真記憶術」とでは、
天と地ほどの差があります。

ちなみに、僕の「アンフォーゲッタブル」の能力は
とてもとても辛いものでした。

 

(2)写真記憶能力を持つ有名人

「写真記憶」の能力を持っていたことで有名なのは
ジョン・フォン・ノイマン博士です。
あの天才物理学者アインシュタイン博士に
「世界一の天才」と言わしめた数学者です。

ノイマン博士は幼少期に45巻の歴史書を
一字一句違わず暗唱できたそうですが(写真記憶能力があれば、これは簡単)、
何より凄かったのは計算能力です。
当時のコンピュータよりも速かったそうです。

写真記憶の能力と、それに付随する能力
(運動神経、計算能力、理解力、語学力、コミュニケーション力等)には
個人差があるため、この能力を持つ人全員が
同じレベルで同じように記憶し、活用できるわけではありません。

しかし、ノイマン博士のように尋常ではない頭脳を持って
生まれてくることも多く
彼の場合は、
「人間に見えるが、実は火星人」と言われていたそうです。

ちなみに、ノイマン博士は、周囲に理解者がいたことで、
幼いころから能力を伸ばせたようですが
僕の場合は、ひたすら否定され、疑われ、怒られ続けました。
だからこそ、今があるとも言えるのですが・・・

 

 

(3)占術と統計学

僕は小学五年生から統計学を独修しました。

人を知るために、
たくさんの人の情報を記憶しようと思ったのは、
そこから統計学的に、人や人間関係を
分析できるようになると思ったからです。

そして占術を写真記憶独習し始めてすぐに、
「これも結局は統計だ!」と気づきました。


例えば、FBIや日本の警察で取り入れられている
「プロファイリング」は、
犯罪における「占術」とも言えます。

また学者が行うプロファイリングは、
町の占い師さんが行う占いに似ています。

そうです。
占術は、統計学なのです。

 

 

(4)速読法

速読法というのは、文字通り、本をものすごい速さで記憶し、
アウトプットする手法です。
訓練の先には「写真記憶術」があります。
一瞬で、見たものを記憶できるようになるのです。

さらに速読を極めていくと
なんと、パラパラパラと本をめくることなく、
その本を手に取っただけで、
何が書いてあるかわかるようになるそうです。

こうなると、写真記憶術を超えてしまいますね。

こういう能力を
「チャネリング速読」(チャネリング記憶?)と呼ぶそうです。

そして、更にその上には

見なくても、触れなくても、情報が取れる 
「チャネリング」と呼ばれる能力もあります。
ただし、このチャネリング能力は玉石混淆ですから
想像や妄想と紙一重の危険性もあります。 

 

(5)チャネリング

手に触れることもなく情報を取得できる能力が
「チャネリング」といわれるものです。

チャネリングとは、フォーカスする(焦点を合わせる)という意味合いです

焦点を合わせる=チャンネルを合わせると
その目的や情報とコンタクト出来るのです。

みなさんがテレビのチャンネルを合わせるのと同じです。

この世界は、チャネリング(フォーカス)で認識され、成り立っています。

人は五感を駆使してチャネリングしますが、
一部の人は第六感と呼ばれる能力を駆使します。
その第六感のレベルで情報の精度が大きく変わるのです。

 

(6)チャネリング・匠真の場合

僕の場合、
膨大な「人」のデータをインプットしていく過程で
映像的に情報がやってくるようになりました。
なので、「予測」というより
「見える」と言った方が近い表現になります。

自分では、統計学的に導き出していると思いこんでいましたが、
僕の「師」である安倍武志先生に
僕がやっているのは「チャネリング」だと教えられました。

例えば、顔を見てその人がわかるとしたら、それは観相学であり、
名前だったら、姓名判断、生年月日なら、占星術や数秘術です。

でも、僕の場合は、それを全部インプットして
統計学的に集計している間に
「第六感」の部分が発達したようで、
知らず知らずのうちに、チャネリングが出来るようになっていたのです。

 

(7)6秒ルール

僕は体調や調子にもよりますが、

同時に物事を6つまで考えられます。

1秒ずつ脳を切り替えていき、
6つ全て同じ視覚で埋ると写真記憶してしまう、
そんなイメージで差し支えないかと。

だから、目から情報をとると、
6個の脳がフル稼働するので、急速に消耗します。

情報取得の方法を習得中ですから、
遠からず解決するかもしれません。
そこを変えずに、特色として使うというアイデアもあります。

試行錯誤を遊び楽しんでみます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■関連コラム:「叶わぬ夢

What's New!  更新履歴を見る>

・・・・・
匠真リーディング、エナジーデザイン
2月・3月・4月の開催情報

頂いたお便り、感想は個人情報を伏せて
HPに掲載させて頂くことがあります。
掲載不可の場合は、
必ずその旨書き添えて下さいます様
お願い致します。